株式会社 森永生科学研究所
Japanese / English

Q&A

ナノトラップIIR Q&A

性能に関する質問

Q1
ナノトラップIIRで、検出されるものは何ですか?
Q2
ナノトラップIIRは、消費者庁から通知されている検査方法に準拠していますか?
Q3
検査に要する時間はどのくらいですか?
Q4
キットには毒劇法・PRTR法に定められている物質を使用していますか?
Q5
感度はどのくらいですか?
Q6
ナノトラップIIRではナノトラップと比べてどのような点が改良されましたか?
Q7
ナノトラップIIRではナノトラップIIと比べてどのような点が改良されましたか?
Q8
ナノトラップIIRをふき取り検査に使用することはできますか?
Q9
偽陽性検体について教えてください。
Q10
偽陰性検体について教えてください。

試薬・操作に関する質問

Q11
ナノトラップIIRの検体抽出液はナノトラップIIRシリーズで共通して使用できますか?
Q12
ナノトラップIIRの希釈液はナノトラップIIRシリーズで共通して使用できますか?
Q13
ナノトラップIIで調製した抽出液をナノトラップIIRで使用できますか?
Q14
ナノトラップIIで調製した希釈液をナノトラップIIR使用できますか?
Q15
ナノトラップで調製した抽出液を使用できますか?
Q16
モリナガFASPEK特定原材料測定キットシリーズで調製した抽出液を使用できますか?
Q17
開封後、試薬の保存はできますか?
Q18
調製した検体抽出液は保存できますか?
Q19
検体量が1gより少ない場合どうすればいいですか?(食品検査の場合)
Q20
生理食塩水で湿らせている綿棒を用いてふき取り検査を行うことはできますか?
Q21
加熱する際はチューブのふたを緩めた方がいいですか?
Q22
沸騰水浴中10分間の加熱操作を省略することはできますか?
沸騰水浴中10分間の加熱操作を短くすることはできますか?
Q23
沸騰水浴中での加熱時間が10分以上になっても問題はありませんか?
Q24
冷却はどのように行ったらいいですか?
Q25
希釈して検査をするにはどうすればいいですか?(食品検査の場合)
Q26
希釈して検査をするにはどうすればいいですか?(ふき取り検査の場合)
Q27
希釈液での10倍の希釈倍率を変更して検査をすることはできますか?
Q28
ピロー包装から取り出したテストスティックの確認サイン部分が黒くなっていますが使用可能ですか?
Q29
ピロー包装を開封後放置してしまいましたが使用しても問題ありませんか?
Q30
検査溶液の滴下後、反応中にテストスティックを動かしても大丈夫ですか?
Q31
テストスティックの取扱で注意すべき点はありますか?

判定に関する質問

Q32
テストスティックを室温に戻さずそのまま使用してしまいましたが結果に影響がありますか?
Q33
反応中に判定部全体が赤く着色していますが大丈夫ですか?
Q34
検査溶液を滴下後、反応時間より前に判定部に線が認められますが判定してもいいですか?
Q35
反応時間を超えてしまいましたが判定しても大丈夫ですか?
Q36
反応時間経過時の判定では陰性でした。更に時間が経過した後、判定部に線が現れました。判定はどのようにすればいいですか?
Q37
検査結果に影響を及ぼす因子はありますか?