株式会社 森永生科学研究所
Japanese / English

トラブルシューティング

モリナガアクリルアミドEIAキット トラブルシューティング

  1. C.V.値が高い
  2. 検量線がうまく描けない、検量線のR2が低い
  3. 発色基質液を添加したのに発色が弱い、もしくは発色しない
  4. 発色はしているが測定できない
  5. サンプル測定値が低い
  • 洗浄操作が不十分(ELISA)
    洗浄量、洗浄回数、洗浄方法などご確認ください。ピペットを用いての洗浄はウェルが乾燥し吸光度が高くなる恐れがあるため、手動のエライザ洗浄用ディスペンサーの使用をお勧めします。
    また、洗浄の際はウェル内に反応液や洗浄液を残さないようご注意ください。
    動画も参照ください。
    プレートウォッシャーを用いる場合はキャリブレーションを行い、全てのノズルから指示量の洗浄液が出ていることを確認し、洗浄液が各ウェルを十分に満たしていることを確認してください。また、洗浄開始前後は、ノズルを十分洗浄し、プレートウォッシャーによるコンタミネーションを防いでください。
  • 分注時の混入(ELISA)
    ウサギ抗3-CTBA抗体溶液を分注する際にピペットチップによるクロスコンタミネーションが起きた可能性があります。ピペットチップが測定溶液に触れないようご注意ください。
    また、プレートに溶液を分注する際、近くのウェルに溶液がはねて混入した可能性もあります。ピペット操作にご注意ください。
  • 撹拌時の混入、撹拌が不十分(ELISA)
    測定溶液、ウサギ抗3-CTBA抗体溶液を分注してマイクロプレートミキサーで溶液を混合させる際、撹拌が強すぎて近くのウェルに溶液がはねて混入した可能性があります。
    また、撹拌が弱すぎて溶液の混合が不十分な可能性もあります。マイクロプレートミキサーの撹拌の強さにご注意ください。
  • 分注時の誤差(ELISA)
    ピペッティング操作などをご確認ください。プレートに溶液を分注する際はマルチチャンネルピペットで操作することをお勧めします。ピペットチップをプレート壁面に軽く付けて入れることで正確な液量を分注できます。
  • プレート底面の汚れ(ELISA)
    洗浄液漏れによりプレートの裏側が汚れ、吸光度が正しく測定されていない可能性があります。キムワイプなどで底面を拭いて再度吸光度を測定してください。
  • プレートの乾燥(ELISA)
    洗浄後は速やかに次の試薬を分注してください。マルチチャンネルピペットを使用することをお勧めします。
  • 反応時の環境(ELISA)
    室内のエアコンや恒温器内の送風にご注意ください。風が当たることにより、プレート内の条件が変わるため測定値が変化する可能性があります。
  • 洗浄操作が不十分(ELISA)
    洗浄量、洗浄回数、洗浄方法などご確認ください。ピペットを用いての洗浄はウェルが乾燥し吸光度が高くなる恐れがあるため、手動のエライザ洗浄用ディスペンサーの使用をお勧めします。
    また、洗浄の際はウェル内に反応液や洗浄液を残さないようご注意ください。
    動画も参照ください。
    プレートウォッシャーを用いる場合はキャリブレーションを行い、全てのノズルから指示量の洗浄液が出ていることを確認し、洗浄液が各ウェルを十分に満たしていることを確認してください。また、洗浄開始前後は、ノズルを十分洗浄し、プレートウォッシャーによるコンタミネーションを防いでください。
  • 撹拌時の混入、撹拌が不十分(ELISA)
    測定溶液、ウサギ抗3-CTBA抗体溶液を分注してマイクロプレートミキサーで溶液を混合させる際、撹拌が強すぎて近くのウェルに溶液がはねて混入した可能性があります。
    また、撹拌が弱すぎて溶液の混合が不十分な可能性もあります。マイクロプレートミキサーの撹拌の強さにご注意ください。
  • 分注時の混入(ELISA)
    ウサギ抗3-CTBA抗体溶液を分注する際にピペットチップによるクロスコンタミネーションが起きた可能性があります。ピペットチップが測定溶液に触れないようご注意ください。
    また、プレートに溶液を分注する際、近くのウェルに溶液がはねて混入した可能性もあります。ピペット操作にご注意ください。
  • 分注時の誤差(ELISA)
    ピペッティング操作などをご確認ください。プレートに溶液を分注する際はマルチチャンネルピペットで操作することをお勧めします。ピペットチップをプレート壁面に軽く付けて入れることで正確な液量を分注できます。
  • プレート底面の汚れ(ELISA)
    洗浄液漏れによりプレートの裏側が汚れ、吸光度が正しく測定されていない可能性があります。キムワイプなどで底面を拭いて再度吸光度を測定してください。
  • プレートの乾燥(ELISA)
    洗浄後は速やかに次の試薬を分注してください。マルチチャンネルピペットを使用することをお勧めします。
  • 反応時の環境(ELISA)
    室内のエアコンや恒温器内の送風にご注意ください。風が当たることにより、プレート内の条件が変わるため測定値が変化する可能性があります。
  • 反応時間が長い(誘導体化反応)
    反応時間は正確に守ってください。
  • 液量が不十分(誘導体化反応、ELISA)
    ピペッティング操作などをご確認ください。
  • 反応時間が短い(ELISA)
    反応時間は正確に守ってください。
  • 酵素標識抗体溶液の入れ間違い(ELISA)
    他の種類の溶液を入れていないか、順番を間違えていないかご確認ください。
  • 吸光度測定の遅れ(ELISA)
    酵素反応停止後、30分以内に吸光度を測定してください。
  • 固相化抗体の結露による劣化(ELISA)
    プレートは室温に戻してからアルミ袋を開封してください。
  • プレートの乾燥(ELISA)
    洗浄後は速やかに次の試薬を分注してください。マルチチャンネルピペットを使用することをお勧めします。
  • キットの保存方法の誤り
    キットは2〜8℃で保存し、使用前に室温に戻してください。
  • プレートリーダーの誤作動
    プレートリーダーが正常に作動していない可能性が考えられます。電源やランプに異常が無いこと、測定波長が正しく設定されていることをご確認ください。
  • 固相カートリッジでの処理間違い(検体抽出液の調製)
    回収溶液を間違えていないかご確認ください。取扱説明書に記載の溶液量を正確に添加・回収してください。
  • 誘導体化反応が不十分
    3-MBA溶液の溶解法、使用量、反応温度、反応時間を確認してください。