株式会社 森永生科学研究所
MORINAGA
Japanese / English

製品一覧

モリナガアクリルアミドEIAキット

ボトル及びラベルなどは予告なく変更することがあります。

キットの特長

  • 機器分析と比べて迅速・簡便に食品中のアクリルアミドを測定できます。
  • 42〜5400μg/kg(ppb)の食品中アクリルアミドを測定できます。
  • 最大24検体を一度に測定できます。
  • キットを2回に分けて使用できます。(この場合1回あたり最大8検体を一度に測定できます。)
  • 機器分析と比べ初期・メンテナンスコストを抑えることができます。
  • 食品中のアクリルアミドを誘導体化し、特異的に検出します。

キットの構成

キットの構成
  品名 容量 数量
A 3-CTBA固相化プレート 8ウェル×6本 2パック
B アクリルアミド溶液 500 ng/mL医薬用外劇物 1.1mL 2本
C 3-MBA(3-mercaptobenzoic acid) 48mg 2本
D 1N 水酸化ナトリウム 2.4mL 1本
E ウサギ抗3-CTBA抗体溶液 3.5mL 2本
F 酵素標識抗ウサギIgG抗体溶液 6.5mL 2本
G 酵素基質溶液 (TMB溶液) 13mL 1本
H 反応停止液 (1N硫酸) 13mL 1本
I 検体希釈液 13mL 1本
J 洗浄液(20倍濃縮液) 50mL 1本
プレート用フレーム 1個
プレート用ふた 1枚

その他必要な器具

  • 検体抽出液の調製に必要な器具・装置
検体抽出液の調製に必要な器具・装置
ミルミキサー 検体の粉砕・均質化に使用します。また検体中のアクリルアミド抽出にも使用できます。ミルサー(岩谷産業(株)製)または同等品を推奨します。
秤量天秤 検体の計量(1g)に使用します。
ホモジナイザー 検体中のアクリルアミド抽出に使用します。ポリトロンホモジナイザー(Kinematica GmbH, Kriens/Luzern, Switzerland製、ジェネレーターシャフトType PT-DA 12/2EC)または同等品を推奨します。
遠心分離機 3,000〜12,000×gで使用できるものを推奨します。
遠心分離機用チューブ 検体の抽出および遠心分離に使用します。20mL容量が入るもの、3,000〜12,000×gで使用できるものを推奨します。
ピペット 検体に精製水を添加する時の計量に使用します。19mL計量できるものを推奨します。
ポリプロピレン製チューブ フィルターろ過およびISOLUTEカラム精製時に溶液を回収するために使用します。
固相抽出カートリッジ ISOLUTE Multimode 500 mg/3 mL(バイオタージ・ジャパン株式会社販売)を推奨します。
ゴム製シーラント付きシリンジ 固相抽出カートリッジを加圧するために使用します。直径20〜25 mmのゴム栓を厚さ4mmに切り、中心に穴を開けてディスポーザブルシリンジの先端に取り付けます。
マイクロピペット フィルターろ過および固相抽出時に使用します。200〜1,000μLの範囲で操作できるものが必要です。
ボルテックスミキサー 試薬の混合に使用します。
  • 測定に必要な器具・装置
測定に必要な器具・装置
マイクロピペット 20〜100μLおよび200〜1,000μLの範囲で操作できるものが必要です。
マルチチャンネルマイクロピペット 8連または12連、50〜100μLの範囲で操作できるものが必要です。
メスシリンダー 洗浄液の調製に使用します。
ポリプロピレン製チューブ 検量線用アクリルアミド溶液の調製に使用します。
ふた付きポリプロピレン製
チューブ(1.5 mL)
アクリルアミドの誘導体化反応に使用します。
マイクロプレートミキサー 一次反応の試薬の混合時に使用します。
試薬リザーバー マルチチャンネルマイクロピペット使用時に使用します。
ボルテックスミキサー 試薬の混合に使用します。
37℃恒温器 誘導体化反応に使用します。
マイクロプレートリーダー
(96穴用)
4係数ロジスティック関数または同等以上の近似が行える関数によるカーブフィットを行うことのできるソフトウェアを搭載した2波長マイクロプレートリーダー(主波長450nm・副波長600〜650nm)の使用を推奨します。
医薬用外劇物であるアクリルアミドを取り扱うため、実験中は使い捨てプラスチック手袋やマスク等を着用することをお勧めします。

お問い合わせ