株式会社 森永生科学研究所
MORINAGA

製品一覧

モリナガ FASPEKエライザU

2015年4月1日新発売!!商品イメージ
ボトル及びラベルなどは予告なく変更することがあります。

キットの特長

  • 消費者庁次長通知「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」に記載されたバリデーションを満たした定量検査法(モリナガFASPEK特定原材料測定キット)の改良検査法です。
    本キットは「アレルギー物質を含む食品の検査方法の改良法の評価に関するガイドライン」によって示された基準を満たしており、アレルギー物質を含む食品の検査に使用することができます。
  • 大豆は特定原材料に準ずるものとして、表示が推奨されている項目です。
  • 抽出液の成分を変更し、毒劇物を含まない試薬へと改良しました。安全に使用いただけるとともに、試薬管理と環境負荷を低減いたします。
  • 当社独自の技術を用いることで、多種類の食材を使用した食品検査において偽陽性が少なく、信頼性の高い結果を得ることができます。
    また測定値の再現性が良く、キットのロット間差が安定しています。
  • FASPEKエライザUとナノトラップIIR(当社イムノクロマト法キット)の抽出液を共通化しました。ナノトラップIIRで調製した抽出液をそのままFASPEKエライザUで測定することで数値化でき、大変便利です。
  • 1時間50分と短時間で測定が可能です。
  • 抽出液に界面活性剤と還元剤を加えているため、特定原材料タンパク質を高回収率で測定することができます。
  • 特定原材料タンパク質として0.31μg/gから定量可能です。
当社オリジナル技術です。(特許 第5451854号)
共通名称: 特定原材料抽出液ExStaTM

モリナガFASPEKエライザU ラインアップ

モリナガFASPEKエライザU ラインアップ
品名 検出対象タンパク質
FASPEKエライザU卵(卵白アルブミン) 卵白アルブミン
FASPEKエライザU牛乳(β-ラクトグロブリン) β-ラクトグロブリン
FASPEKエライザU牛乳(カゼイン) カゼイン
FASPEKエライザU小麦(グリアジン) グリアジン
FASPEKエライザUそば そば可溶性タンパク質
FASPEKエライザU落花生 落花生可溶性タンパク質
FASPEKエライザU大豆 β-コングリシニン

キットの構成

キットの構成
  品名 容量 数量
A 特定原材料抽出液 ExStaTM A液(10倍濃縮液) 100mL 1本
B 特定原材料抽出液 ExStaTM B液(10倍濃縮液) 100mL 1本
C 特定原材料抽出液 ExStaTM C液(10倍濃縮液) 100mL 1本
D 抗体固相化プレート 8ウェル×6本 2パック
E 標準品(50ng/mL) 1mL 2本
F 酵素標識抗体溶液 13mL 1本
G 酵素基質溶液(TMB溶液) 13mL 1本
H 反応停止液(1N硫酸) 13mL 1本
I 洗浄液(20倍濃縮液) 50mL 1本
プレート用フレーム 1個
プレート用ふた 1枚

その他必要な器具・装置

その他必要な器具・装置
ミルミキサー 食品の粉砕・均質化に使用します。
秤量天秤 食品の秤量(1g)に使用します。
ポリプロピレン製遠心管(50mL) 食品を抽出するために使用します。
メスシリンダー、プラスチックピペット 検体抽出液、検体希釈液の調製に使用します。
ボルテックスミキサー 食品を検体抽出液中に分散させるために使用します。
振とう機 食品を抽出するために使用します。
遠心分離機 3,000xg以上の遠心加速度の出せるものが必要です。
ろ紙 抽出液のろ過操作に使用します。
マイクロピペット 50μL〜1000μLの範囲で操作できるものが必要です。
ポリプロピレン製チューブ(1.5mL) 標準溶液の調製および測定溶液の希釈に使用します。
プレート洗浄機 本キット専用の洗浄機を準備してください。エライザ洗浄用ディスペンサーを用いることでエライザ測定時のプレート洗浄操作が簡単に行えます。
プレートリーダー 単波長の場合:450nm
2波長の場合:主波長 450nm、副波長 600〜650nmで測定できるものが必要です。
実験中は使い捨てプラスチック手袋やマスク等を着用することをお勧めします。

お問い合わせ