株式会社 森永生科学研究所
Japanese / English

製品一覧

測定原理、操作手順

測定原理

例:FASPEKエライザII卵(卵白アルブミン)

<一次反応> 測定溶液中の卵白アルブミンが、プレート上の固相化抗卵白アルブミンポリクローナル抗体に結合し、[固相化抗体/ 卵白アルブミン]の複合体を形成する。
<二次反応> 酵素標識抗卵白アルブミンポリクローナル抗体が複合体上の卵白アルブミンに結合する。
<酵素反応> 酵素基質溶液を加えると、プレート上の複合体に結合した酵素により呈色する。
得られた吸光度より卵タンパク質濃度を標準曲線から算出する。

操作手順

検体の調製
1)
食品検体の粉砕、均質化
2)
均質化検体1g/検体抽出液19mLを加え一晩往復振とうで抽出
3)
遠心分離、ろ過
4)
ろ過液を検体希釈液Iで20倍希釈
 
一次反応
1)
標準溶液、測定溶液を100μL/ウェルで分注
2)
プレート用ふたをして室温で1時間静置して反応
 
洗浄 300μL/ウェルの洗浄液で6回洗浄
 
二次反応
1)
酵素標識抗体溶液を100μL/ウェルで分注
2)
プレート用ふたをして室温で30分間静置して反応
 
洗浄 300μL/ウェルの洗浄液で6回洗浄
 
酵素反応
1)
酵素基質溶液を100μL/ウェルで分注
2)
プレート用ふたをして室温遮光下で20分間静置して反応
 
反応停止 反応停止液を100μL/ウェルで分注
 
吸光度測定 プレートリーダーで各ウェルの吸光度(主波長:450nm、副波長:600〜650nm)を測定
吸光度は、反応停止後30分以内に測定してください。
室温は20〜30℃としてください。
詳細は取扱説明書をご覧ください。

お問い合わせ