株式会社 森永生科学研究所
Japanese / English

トピックス

2016年

China International Food Safety & Quality Conference 2016 活動報告

2016年11月吉日

お客様各位

株式会社 森永生科学研究所

China International Food Safety & Quality Conference + Expo 2016で
食物アレルゲン管理について講演

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素より格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

さて、この度国際的な食品安全の学会である「International Association for Food Protection」主催のChina International Food Safety & Quality Conferenceが2016年11月2日〜3日に中国の上海で開催されました。現在の中国で大きな問題となっている食品安全・食品管理について毎年開催される本会議は、今年で10回目を迎え、中国国内外から政府、国際機関関係者、食品安全、微生物検査、食物アレルゲン、リスク評価をリードする専門家が集まり、講演、パネルディスカッションを行いました。会場では企業展示も行われ、中国のみならず、世界各国から300名以上の参加がありました。

当社からは、小路顧問がアジア太平洋食物アレルゲンマネジメントのセッションで「タイにおける食物アレルゲン検査の最新情報」について講演を行いました。講演ではタイの食物アレルゲン表示制度の構築における当社の研究貢献と、タイでの当社食物アレルゲン検査試薬の使用状況が紹介され、セッション参加者と活発な意見交換が行われました。

引き続き当社は、日本の公定法となっている当社のアレルゲン検査技術をグローバルスタンダードにすべく世界へ向けて発信し、食物アレルギー事故の撲滅に貢献出来るよう、社員一同、努力して参りますので、今後とも何卒ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

謹白