株式会社 森永生科学研究所
Japanese / English

製品一覧

食品検査キット

食物アレルゲン検査キットシリーズ

食品衛生法関連法令の改正(※1)により、アレルギー物質を含む食品の表示制度が導入され、症例数および重篤度を基に食品素材7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)が特定原材料として表示が義務付けられました。また「アレルギー物質を含む食品の検査方法について(※2, 3、以下通知)」により、検査手法が定められました。大豆、ごまは、特定原材料に準ずるものとして表示が推奨されています。
食物アレルゲン検査キットシリーズには、通知準拠キットの他、自主検査用ELISAキットおよび簡易キットもあり、目的に合った食物アレルゲン検査が可能です。

卵、乳(カゼイン)、小麦、そば、落花生タンパク質を定量できます

特定原材料のスクリーニング検査に使います(通知準拠)

乳(β-ラクトグロブリン)、大豆、ごまタンパク質を定量できます

自主検査用ELISAキット

食物アレルゲン検査の内部精度管理に使用できます

卵(卵白アルブミン、オボムコイド)、乳(カゼイン、β-ラクトグロブリン)の定性検査ができます

確認検査に使います(通知準拠)

食品中のアレルゲンを正確に検査できる簡易迅速キットです

ふき取り液、設備洗浄後のすすぎ水に含まれる食物アレルゲンを迅速に検出可能なキットです

※1
平成13年3月21日付厚生労働省省令第23号「食品衛生法施行規則及び乳及び乳製品の成分規格等に関する省令の一部を改正する省令」
※2
平成22年9月10日付消食表第286号消費者庁次長通知
※3
平成26年3月26日付消食表第36号消費者庁次長通知

グルテン測定キット

欧米で多く存在するセリアック病やグルテン不耐症を有する方が食品を選択できるよう、グルテンフリーの表示が定められています。

CODEXやFDAにてグルテン含有率が20ppm(0.002%)未満のものには、グルテンフリーと表示することが許可されており、欧米にて採用されています。

米国FDAより性能を評価した方法として紹介され、グルテンフリー食品の検査でも使用されています。
国際的認証機関AOACのPTM認証を取得し、GFCOのグルテン分析検査法としても認定されています。

お問い合わせ